個人の方は こちらのコピーのコピー-7.jpg
 

ハンモリ環境保全プロジェクト

私たちの管理する里山には、ニホンカモシカやトウキョウサンショウウオなど、多種多様な生物に溢れています。今後もこの里山を保全していくために間伐や雨で崩れた地形の維持に奮闘しています。

毎年、生物の卵や成体の数を調査し、生態系に異常がないかフィールドワークも行っています。


又、この先も豊かな自然を維持していくためには子ども達の協力が不可欠です。小さな子ども達に自然の中で自由に遊ぶ楽しさや、様々な生物を観察し興味を持ってもらうことで、里山や沢などを大切にする気持ちを育んで欲しいと思います。

IMG_0612.jpg

ハンモリ古民家プロジェクト

西武秩父線武蔵横手駅から徒歩10分にある私たちの本拠地、築約90年(昭和5年築)の【旧石田邸】を自分たちの手で少しずつ修繕し、周辺の里山保全や自然観察のベースとします。

又、それ以外に川遊びやハイキングの休憩所、ワーケーションの場などとしても活用予定です。


旧石田邸は長年放置されていた為、床が抜けてしまい、割れたガラスが飛び散るなどあちこち傷んでいました。

この家が、白子の歴史とともに失われていくのは忍びなく思い、自分たちの手で少しずつ修繕していくことにしました。

そして、この家に新たな役割として失いつつある日本古来の自然とのつながりのある生活スタイルを目指し、それを体験する場として活用したいという思いで今回の「ハンモリ古民家プロジェクト」は始まりました。


修繕には飯能原産の木材【西川材】を利用し、化学薬品の含まれる接着剤やペンキを極力使わず、日本古来の手法である【柿渋】【べんがら】【漆喰】などを取り入れ、環境と体に負担をかけない【無添加住宅】を目指します。

IMG_0347.jpg
 

活動内容

  1. ハンモリ環境保全プロジェクト
    ・トウキョウサンショウウオ産卵場の整備
    ・里山の間伐と伸び過ぎた草の刈り込み
    ・かまど山などハイキングコースの整備

  2. 古民家修繕活動

  3. ワークショップ

  • よくばり夏休み体験
    目の前を流れる高麗川での川遊びからスタートし、周辺に生えている竹を使った流しそうめんをした後、最後にスイカ割りを楽しんでいただきます。

  • 標本作り体験
    普段触れることのできない危険な昆虫の標本を専門家の指導のもと一緒に作り上げていきます。

  • 夜の森生物観察
    普段訪れることのない夜の森にて夜間に活動する生物を観察します。明かりのない真っ暗な夜を体験してください。

  • かまど山ご飯ワークショップ
    在来固定種無農薬野菜や平飼い有精卵の卵、季節の山菜などを
    かまど山で取れた薪を使い作り上げる究極のオーガニックフード。

  • コンブッチャワークショップ
    オーストラリアにてオリジナルコンブッチャを製造販売している
    「kouboya」より直接取り寄せたスコビー(種)を使いコンブッチャを作ります。

など、詳しくはお知らせや活動予定をご覧ください。